神奈川・横浜のデザイン・ブランディング支援、ホームページ制作は株式会社シースリーコーポレーションをサポートします。

WEBをもっと楽しくアクティブに!
PC用動的コンテンツならFlash(フラッシュ)。

ウェブサイトの中には、アニメーションのように複雑で自由な動きをするサイトを目にすることが有ります。多くの場合それは、Flash(フラッシュ)といい、同名のアプリケーションにより作成されたWeb コンテンツのことを言います。ActionScript(アクションスクリプト)というプログラム言語により表示され、閲覧前提としてFlash Playerのダウンロードが必要になります。
また、Flashは、通常のHTMLコードでは出来ない様々な動きを表現できますが、スマホで圧倒的シェアのiPhoneやiPadでは表示出来ないといったデメリットもありますので、スマートフォンを意識したサイトの場合は、使用を控えたほうが無難です。

スマホでの表示の場合は画像に置き換える
プログラム設定も可能です。

iPhoneやiPadでは表示されないといっても、Flashならではの表現の自由さは魅力的です。そこで、多く用いられるのがFlashと画像の置き換え表示です。プログラムがアクセス情報を確認、スマートフォンと認識した場合には、Flashに代わり任意の画像が表示されます。この場合は、動きはもちろん。Flash内のボタンなどのリンクも無効となりますのでご注意下さい。

HTMLで表示できるJavaScriptで
Flashに変わる動的見せ方を工夫。

iPhoneやiPadでも動的な表示が出来るJavaScript(ジャバスクリプト)というプログラム言語によるウェブサイトが多くなっています。Flash程の自由さはないものの、スライドショーや吹き出し表示など「おっ!」と思わせる表現が可能です。JavaScriptはHTML内に記述が出来るので、HTMLに動的な動きを追加する方法として多様されますが、複雑な処理に関しては、専門的なノウハウが必要ですので弊社のようなウェブ制作会社などへの依頼が必要です。

Flashに変わる様々な動きが可能なHTML5。

現状のウェブサイトはHTML4で作成されたものがほとんどですが、次バージョンのHTML5はFlash並に動的で様々な処理が可能です。しかし、オールユーザーをターゲットにした場合、ブラウザが対応していない場合も想定されます。
現状は、HTMLでも問題の無い処理やデザインに関しては、HTML4で作成して、HTML4で対応出来ない特殊な処理をする場合のみHTML5で作成するといった方向が適切と考えています。