神奈川・横浜のデザイン・ブランディング支援、ホームページ制作は株式会社シースリーコーポレーションをサポートします。

増え続けるスマートフォンユーザー。
インターネットはスマホで見るが常識に。

スマートフォンの普及に伴い、インターネットページを閲覧する手段としてスマートフォンを使用するケースも増えてきました。特に外出先などでタイムリーに情報を入手する手段としては、非常に有効です。その際に聞こえる声は「文字や写真が小さくて見づらい」といった意見です。本来ホームページの多くが、PCのブラウザ用に作成していますので、スマートフォンでは画面が小さく、どうしても文字や写真が小さく表示されてしまいます。 その為、PC向けの通常のホームページ以外にスマートフォン用のページも作成するケースが増えています。

スマートフォンならではの
ユーザビリティ設計にマルチキャリア対応。

スマートフォンから閲覧した場合に、同じURLでも、アクセス元のメディアを判断し、スマートフォンの場合には自動的にスマーよフォン用ページを表示するように設定も可能です。また、docomo、SoftBank、auなどのキャリアや商品・OSの違いなどで、解像度設定がなどが違う為、より、完成されたページを意識するなら、それぞれのSSLの振り分けなど、多くの手間が発生します。タッチパネルといったことも意識し、ボタンサイズや配置も工夫が必要です。その為、スマートフォンサイトは見た目より多くの制作工程が発生します。もっとも、見た目や完成度を意識しなければ、比較的安価な制作も可能です。

ワンソース・マルチデバイス対応は可能か?

マルチデバイス対応のウェブサイトとは、表示サイズに合わせて、文字の大きさやレイアウトが可変し、最適に表示されるウェブサイトをいいます。つまり、PC、形態電話、スマートフォンなどの全てのデバイスにおいて、適切な見え方で表示されるということです。但し、マルチデバイス対応のウェブサイトは、仕様に制限が有り、凝ったデザインや自由なデザインが出来ないといったデメリットも有ります。 その為、ある程度、表現方法やデザインをお任せいただくことが前提の依頼であれば対応可能となります。